マキシマリスト推進委員会

子供の頃は興味を惹かれる全てを手に入れたかったのに…。 いつから君は変わってしまったんだい?  「シンプル」「多機能」「ミニマリスト」が溢れる現代に、人々が忘れていた心を。

あなたは買わずにいられるか? 新プロジェクト、始動。

Q:あなたの趣味は何ですか?

A:ショッピングです。

よろしい。入りなさい。

 

 

f:id:cj--A--j:20180712232933j:plain

 

 

ご挨拶が遅れました。初めまして。マキシマリスト推進委員会会長のぺぺです。

最近は「ミニマリスト」という概念をよく耳にするのではないでしょうか?

最小限の物で生活を送る方々です。

「マキシマリスト」とは、ミニマリストの逆をいく方々です。

そしてそれは、良いことでも悪いことでもなく、人が元々持っている欲求なのです。

 

最近小学校に上がった子供も、しがないサラリーマンも、定年を迎えたご老人も、世界の大富豪も、かの有名なマリー・アントワネットも。

 

時代も性別も年齢も関係なく、モノを手に入れたいという欲求を、人は備えています。

 

 

それなのに、あなたはモノを欲し、手に入れることをあまり良くないことだと、思ってはいませんか?

 

 

 

 

f:id:cj--A--j:20180712234046j:plain

 

 

ほとんどの日本人はマキシマリスト側だった!?

こんな経験はないでしょうか?

 

「この服、気に入ったからつい買っちゃった✩」

「つい買っちゃったけど、あんまり着ないなあ。でも捨てるのはもったいないし…」

そして次から次へと増えていく洋服達。

 

  • つい買ってしまう。
  • でももったいなくて捨てられない。
  • そのうち使うかも。
  • 物に囲まれた狭い空間が妙に落ち着く。

 

そんなあなたは言い逃れができないほどにマキシマリスト側です。

 

 

 

f:id:cj--A--j:20180712234456j:plain

 

それでもあなたは認めませんか?

自分はしっかり節約して、欲しいものを我慢している、ですって?

 

 

思い出してください。

欲しくてたまらないおもちゃを見つけると、泣き喚き、叫んで、あらゆる手を尽くしてでも手に入れようとしたあの頃を。

 

目を覚ましてください。

なりふり構わず、欲しいものは欲しいと、欲求をぶつけていたあの頃を。

 

あの頃の素直で輝いていたあなたはどこへ行ってしまったんだ!

 

 

 

私がこのブログでやっていくこと。

私はこれから、ジャンル問わず、実にユニークな物を紹介していきます。

一般人にとってそれは無くても構わないものなのかもしれない。

でも、あったらあったで便利なのです。

持っていたら確実に話題にできるでしょう。

正規の使い方から他の使い方まで、実に豊富なアイデアを紹介して参ります。

 

 

 

 

f:id:cj--A--j:20180712235456j:plain

 

私のブログを読んで、あなたは買わずにいられますか?

これから始まるのは私とあなたの戦いではありません。

あなたの中に存在する欲望との戦いなのです。

さあ、ゲームを始めよう。